【Wiki】DF「當間 建文」選手の経歴・現在・SNS・動画・メディア情報

「當間 建文」の画像

今週のお買い得情報
・【鹿島アントラーズ30年史】サッカーマガジン10月号【Kindle版】
・【6ヶ月間無料】学生限定「Prime Student」【動画や音楽使い放題】
・【30日間無料】Amazon「audible」【聴く読書】
・【30日間無料】Amazon「Music Unlimited」【音楽聴き放題】
・【2ヶ月間299円】Kindle Unlimited (本読み放題)【対象者限定】

「當間 建文」選手の基本情報

ポジション・選手名

DF:當間 建文 (とうま たけふみ)

サイズ・利き足

178cm、72kg、右利き

生年月日・出身

1989年3月21日 (31歳)、沖縄県出身

経歴

・宇栄原FC

・小禄中学校

・東海大学付属第五高等学校

・鹿島アントラーズ

・栃木SC

・モンテディオ山形

・松本山雅FC

・FC岐阜 (期限付き移籍)

・引退

通算出場数

・J1、30試合1得点

・J2、150試合9得点

指導者経歴

・鹿島アントラーズ スクールコーチ

・鹿島アントラーズユース コーチ

ひとくちメモ

・世代別の日本代表メンバーで、2009年にはアジアカップ予選(vs.イエメン)の予備登録メンバーに選ばれた。

・2010年に行われたU-21 第16回アジア競技大会では、後に鹿島アントラーズに加入することになった山村和也キャプテン (流通大)に「おもしろい!比嘉とともにムードメーカーです」と評された。

・所属していた時期は重ならないが、同じく鹿島OBの石川竜也と山形で共にプレー (3バックの右と左)

・2014年に行われた磐田とのJ1昇格プレーオフで生まれた、GK山岸範宏によるヘディングゴールを共にピッチで支えた。

・2012年に栃木SCで鈴木修人、2019年に松本山雅FCで杉本太郎、高崎寛之など、鹿島OBとチームメイトになることが多かった。

「當間 建文」選手のSNS

「當間 建文」選手のプレー動画

▶視聴時間 2:03

▶視聴時間 1:04

▶視聴時間 0:44

▶視聴時間 3:49

▶視聴時間 7:37

▶視聴時間 0:21

▶視聴時間 2:56

「當間 建文」選手の個人成績

年度クラブリーグ背番号年齢出場数出場時間ゴール順位
2007年鹿島J12419歳00分0優勝
2008年鹿島J12420歳00分0優勝
2009年鹿島J12421歳00分0優勝
2010年鹿島J12422歳180分04位
2011年鹿島J12423歳2100分06位
2012年栃木J2624歳292,521分211位
2013年栃木J2625歳302,651分19位
2014年山形J21726歳272,260分36位
2015年山形J1前期1727歳161,393分016位
後期6421分018位
2016年松本J21828歳252,246分13位
2017年松本J21829歳201,709分18位
2018年松本J21830歳5410分0優勝
2019年松本J118315405分117
岐阜J250141,237分122位

「當間 建文」選手のインタビュー・メディア情報

球蹴男児U-16リーグ

検索用フレーズ (よくある誤字など)

とうまたけふみ、當間たけふみ、斗真、冬馬、藤間、当麻、当間、當間武文、當間雄史、當間健文、當間武史、當間雄章、當間威史、斗真武文、斗真雄史、斗真健文、斗真武史、斗真雄章、斗真威史、斗真建文、冬馬武文、冬馬雄史、冬馬健文、冬馬武史、冬馬雄章、冬馬威史、冬馬建文、藤間武文、藤間雄史、藤間健文、藤間武史、藤間雄章、藤間威史、藤間建文、当麻武文、当麻雄史、当麻健文、当麻武史、当麻雄章、当麻威史、当麻建文、当間武文、当間雄史、当間健文、当間武史、当間雄章、当間威史、当間建文、タケ、タケフミ、とんま

関連記事