【Wiki】DF「植田 直通」選手の経歴・現在・SNS・動画・メディア情報

「植田 直通」の画像

今週のお買い得情報
・【鹿島アントラーズ30年史】サッカーマガジン10月号【Kindle版】
・【6ヶ月間無料】学生限定「Prime Student」【動画や音楽使い放題】
・【30日間無料】Amazon「audible」【聴く読書】
・【30日間無料】Amazon「Music Unlimited」【音楽聴き放題】
・【2ヶ月間299円】Kindle Unlimited (本読み放題)【対象者限定】

「植田 直道」選手の基本情報

ポジション・選手名

DF:植田 直通 (うえだ なおみち)

サイズ・利き足

186cm、77kg、右利き

生年月日・出身

1994年10月24日 (26歳)、熊本県

経歴

・緑川少年スポーツクラブ

・住吉中学校

・大津高等学校

・鹿島アントラーズ

・Jリーグ・アンダー22選抜 (試合の都度、J1・J2からメンバーが招集される混合チーム)

・セルクル・ブルージュ

・ニーム・オリンピック (期限付き移籍)

・ニーム・オリンピック

通算出場数

・J1、96試合4得点

・J3、4試合0得点

・ベルギー、48試合0得点

・日本代表、13試合1得点

ひとくちメモ

・元々プロではなく大学進学を希望していたが、U-17W杯でブラジルとベスト4を争ったことでプロになることを決意。

・Jリーグ10クラブが獲得に乗り出し、横浜F・マリノスの宮崎キャンプに参加した際には元鹿島アントラーズのマルキーニョスを「吹っ飛ばした」とニュースになった。

・憧れの選手は元スペイン代表のプジョル。試合での目標は「血を流すこと」と本人が語るようにかなりの武闘派である。

・中学時代はサッカーではなく格闘技のテコンドーで日本一になり、50m走6秒2の快速と身長186cmの高さも併せ持つ (ハリルジャパンでは右サイドバックとして出場し、初めての代表も内田篤人の代わりに招集)

・そのためメンタルだけでなく身体能力でも世界と戦えるセンターバックとして、世代別の代表の時から注目を集めている。

「植田 直道」選手のSNS

Instagram (インスタグラム)

「植田 直道」選手のプレー動画

▶視聴時間 0:49

▶視聴時間 0:54

▶視聴時間 3:32

▶視聴時間 2:01

▶視聴時間 2:43

▶視聴時間 3:23

▶視聴時間 2:40

▶視聴時間 2:47

▶視聴時間 4:35

▶視聴時間 2:53

▶視聴時間 0:16

「植田 直道」選手の個人成績

年度クラブリーグ背番号年齢出場数先発出場時間ゴール順位
2013年鹿島J12319歳000分05位
2014年鹿島J12320歳20181,542分03位
J-U22J322180分010位
2015年鹿島J1前期2321歳108688分18位
鹿島後期22151分02位
J-U22J322180分012位
2016年鹿島J1前期2322歳15151,350分0優勝
鹿島後期65443分011位
2017年鹿島J1523歳29292,610分32位
2018年鹿島J1524歳14141,260分03位
18-19セルクル・ブルージュ1部2425歳21171,496分013位
19-20セルクル・ブルージュ1部526歳19181,657分014位
20-21セルクル・ブルージュ1部527歳87675分016位
ニーム・オリンピック1部2798711分019位

「植田 直道」選手のインタビュー・メディア情報

検索用フレーズ (よくある誤字など)

うえだなおみち、植田なおみち、上田なおみち、植田尚道、植田尚理、上田尚道、上田尚理

関連記事